純粋鉾マンとして活動中(゚∀゚)ノ 純粋槍マンに負けない闘争心をお持ちです!! 只今、受験生の身なので一線退いてます ウホ


by hiro_hokoman

クジラが咲かす花 ~Summer Vacation~

暖かい陽気と眩しい陽射し

晴れ渡る空に雲は一つも見当たらない。

時刻は午後三時、携帯電話を見ると一通のメール。

「今日は楽しみにしていた花火大会なんだから遅刻しないでね!」と彼女のレンからメールが来ていた。

「もちろん!」と返信をし、階段を降りる。

テーブルには昼飯が置いてあった。

「せいちゃん!まったくもう、何時まで寝てるのよあなたわ!ご飯置いてるから勝手に食べてね」と母に言われたが、眠いせいか視線を少し合わせるだけで返事を返そうとしない。

黙々と飯を食べ終え、待ち合わせの午後五時に備えて身支度を開始する。





身支度を終え時計に目をやると時刻は丁度午後4時半。

今から家を出れば待ち合わせには十分に間に合う時刻だ。

せいは愛用のipodを耳に翳し、鏡に目をやる。

「よし!今日もバッチリだ」と気合を入れた。



レンとの待ち合わせの場所、噴水のある「タナトス公園」までは、自転車で凡そ15分。

せいはipodのお気に入り曲「ひろぼぉーの必要性」を聞きながら、ゆっくりと自転車を漕ぐのが趣味というか、お気に入りである。

何本もの杉の大木が空に向かって大きく聳え立っている間にある小道が一番のお気に入りスポットである。






*続きはのちほどw
[PR]
by hiro_hokoman | 2008-03-07 02:29